V-net教育相談事務所

国語力を育て、壊さない受験教育を実践します。

物語作文「やったね! 大成功!!」(今田の授業)

「やったね! 大成功!!」渡 美樹(小5)

「来月の長野の修学旅行では、みんなの大好きなスキーに行くぞ―!」
 朝の会のと中で、松永先生がそう言うと、クラスのみんなは大さわぎ。
「ヤッター! スキーだー‼」
 ハルカはとても喜んでいる。他のみんなも大喜び。ところがミキだけは、どこか不安げ。
「どうしよう......」ぽつりと小声でつぶやいたミキ。
 その日の午後、班決めの時間。
「ヤッター! ミキと同じ班だ。あ、あとアミも」
 と、ハルカが喜びながら、そう言った。
「変な男子となるよりはマシかもね」
 と、いつものように嫌味を言うアミ。
 二人の横で相変わらず不安げな、ミキ。
「まあ、ミキは、当然スキーもプロなみなんでしょうけど」
 ミキは、性格はおとなしいけれど、勉強もスポーツもできる優等生タイプ。なのに今は、
「う、うん......」
「スキーだけは、ミキに負けないわよ!」
 そういうハルカは、勉強はあまりできないけれど、スポーツは万能、特にスキーは得意中の得意。
「そ、そうだね......」ますます暗い顔のミキ。
「どうしたのミキ? 給食、食べすぎた?」
「給食? 別に、食べすぎてないよ」
 ハルカの問いかけにも、うかない顔のミキ。
 どうした! ミキ......。


「ミキ。もっと授業に集中しろ!」
 松永先生の声が教室中にひびいた。
 あれから二週間。相変わらずミキは落ちこんでいて、授業に身が入っていない。
「あら、ミキの実力はこんなんだったのかしら? スキーいっしょに行ってあげるんだから、もっとちゃんとしてよね!」
 そうアミに言われて、ますます落ちこむミキ。それを心配そうに見守るハルカ。
 その日の学校からの帰り道、ミキと一緒に帰っていたハルカは、心配そうに口を開いた。
「何かあったの? 最近、給食あまり食べてないけど」
 ハルカがそう言い終わると、雨が突然ふってきた。
「あっ、アミだ。車に乗せてもらおうよ」
 と、ハルカがいいながらアミの車に乗り、ミキも後に続いた。
「しょうがないわね。どこまで?」
 とアミが聞いて、ミキが答えた。
「じゃあ、私の家までお願いするわ」


「ハルカ。今、服かわかしてもらってるから」
 そう言いながらミキは部屋にもどってきた。
 すると、ハルカが心配そうにミキを見ている。
「ミキ。さっきの事だけど。どうしたの?」
「う、うん......」
「ミキ。本当の事を言って」
「......」
「さあ。はやく!」
 ハルカがそう言うと、いきなりミキが泣き出した。
「うん。実はね、スキーすべれないの......」
「えー。まさかミキできないの!?」


 ここは、長野県の西久保スキー場。
 楽しそうに、ゲレンデをすべるミキのクラスメイト達。ミキは、とてもきんちょうしている。
 アミは、スキー道具を全部自分でそろえたみたいだ。今は、クラスの女子を引き連れてすべっている。
「ミキ。はやくすべりなさいよ。何でそんな所につっ立っているの?」
 松永先生もミキ心配して、
「おいミキ。すべらないのか? すべらないと、宿題の作文書けなくなるぞ」
 ますますきんちょうするミキ。
 おそるおそるすべり始めた。
 スル......スル......スルスルスルー――。
 少しずつ少しずつミキはすべった。
 そして、ついに......!
 ミキはすべれたのだ!!
「ヤッター! ミキできたじゃん!」
 見守っていたハルカは思わず歓声をあげた。
 実はスキーをすべれない事を告白したミキは、毎日うら山でスキーのとっくんをしていたのだった。
 今や、ミキは、自由自在にすべれるようになった。
「さっ、さすがミキね。今回もまた、負けたわね。でも、次こそは、ぜったいに......勝つわ」
 アミでもうらやましくなるほどミキは、上達し、ついにはハルカまでもが、
「あーあ。またミキに負けちゃった。今度こそはと思ったのに!」
 と、いった。
 でも、ミキはすばらしい笑顔で雪山をずっとすべり続けていた。

                             (おわり)