V-net教育相談事務所

国語力を育て、壊さない受験教育を実践します。

読書のワークショップ

今田先生による読書指導のグループレッスンです。
真の読解力は読書によって養われます。そして同じ本を読んだ誰かと意見を交わし、さらには意見を文章に書く。つまり読解力、発言力(思考力)、文章力。この三つの力こそが国語力の、いえ知性の〈核〉となるものです。このワークショップでは、こうした知の土台となる力を、読書を通して身につけていきます。

担当講師:今田剛士
開講日時:土曜日16:30〜
お申し込みはこちらから

読書のワークショップとは?

読書が知性の土台をつくる
このレッスンの目的は、第一に子どもたちに本を読む楽しさを知ってもらうことです。何となれば、読書こそが読解力、思考力、文章力の確かな基盤となるからです。そのため「読書のワークショップ」では、まずたくさんの物語や文章を読んでもらいます。またガイド役の教師の問いかけなどに応えるなかで物語をより深く味わう方法を学んでいきます。

読書体験を共有し議論する力を養う
多くの人が読んだ本の感想を誰かに言いたくなったり同じ本を読んだ人と意見を交わしたりした経験があるはずです。つまり読書とは本来、仲間との議論の出発点となる体験だったのです。「読書のワークショップ」では、そうした読書体験の共有の仕方を学びます。

文章の多様な解釈にふれる
優れた物語とは本来、いろいろな解釈ができるように作られています。ところが現在の教育は、いつも子どもたちに「正解」を押しつけようとする。「読書のワークショップ」では、むしろ様々な「誤読」を歓迎します。文章には多様な解釈がありうることを知ることで、「正解」にとらわれずに自由に考える力を養います。

自分の考えを文章として書く
読書がいろいろな知識をインプットする行為なら、やはり同時にアウトプットすることも欠かせません。とはいえ、漠然と感想を書けと言われても困るでしょう。「読書のワークショップ」では、物語や文章を共有した上で、主に読み解く際に生じた疑問や、意見が分かれた課題について文章にしてもらいます。

レッスンの内容

①読書を共有する
毎回、小説や絵本、論説記事などを、教師による読み聞かせ、あるいは教師および参加者の音読により一緒に読み進めます。
またガイド役の教師による問いかけ・参加者の応答を通じて、物語の内容への理解を皆で深めます。

②文章について議論する
物語や文章の解釈や展開予想、テーマなどについて参加者全員で話し合います。
特に読了後、物語のキーポイントになるような問いを一定の時間、議論します。ただし、「答え」を一つに絞るようなことは決してしません。

③意見を文章として書く
毎回、物語について議論した内容や、それについての自分の意見を作文として文章にします。もちろん作文の書き方や内容については、教師が指導、アドバイスします。
できあがった作文は、発表してもらい、場合によってはその内容について、再び参加者で議論します。

④読書を習慣とする
レッスン外でも、自宅などで年齢や読書力に応じた長・中編の小説等を読んできてもらい、次のレッスン時に発表してもらいます。
原則、自分の好きな本を読んできてもらいますが、教師や他の参加者が推薦したりアドバイスしたりする場合もあります。また参加者全員、あるいはパートナーと同じ本を読み、レッスン時に議論してもらうこともあります。

システムと授業料

少人数制:1~6名程度

対象年齢:低学年コース(原則、小学校1年〜3年)
     高学年コース(原則、小学校4年〜6年)

場所  : 西荻窪v-net教室
    
開講日時:毎月土曜日16:30〜18:00
     高学年コース:第1・第3土曜
     低学年コース:第2・第4土曜
※それぞれ30分ほど延長の可能性あり。

授業料 :¥3,000(税込)
      ※参加回数に応じた月謝制

※お電話での対応が難しくなっております。お申込み、お問い合わせのの際は、こちらにご記入ください。