V-net教育相談事務所

国語力を育て、壊さない受験教育を実践します。

今田剛士

国語、社会、不登校の教育相談
自由な学び場ヒルネット主宰
国語のラボラトリー担当(音読サイコロ道場、読書のWS等)

授業料:5,000円/時 (個人指導)
レッスンのご依頼、学習・指導内容相談はこちらから

国語のラボラトリーについては国語ラボHPをご覧ください。
自由な学び場ヒルネットの活動はHIRU-netのHPからアクセスできます。


<プロフィール>


兵庫県西宮市出身。中学時代に不登校を経験、定時制高校を一ヶ月で中退。種々の労働にいそしむが、なぜかその後、学問の面白さに目覚める。大検(現在の高卒認定)を取得後、大学、大学院に進学。哲学、文学理論、経済理論、政治思想などを学ぶ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。
一方で、十五年以上に渡って国語教育にも関わり続けている。大学受験予備校などで教鞭をとるも、大手の予備校・塾の経営本位な発想に嫌気がさし、V-netに移籍、現在に至る。
著書に松永先生との共著『有名大附属校入試国語はこのパターンで解ける!』。
2019年より、不登校等、既存の学校に合わない子どもたちのためのオルタナティブ教育プロジェクト「自由な学び場 HIRU-net」を開始。
趣味は文学歴史に映画鑑賞。子どもとあちこち散策すること。最近、焚き火。

日々、思うことを徒然なるままにこちらのブログで公開中。

<「読み書き」が好きになる授業>

私のレッスンは「国語」の力ーー言葉を「読み・書き」する力を、自然な形で養うことを目的としています。

「作文」と聞いただけでイヤな顔。読書になんか見向きもしない。
塾に通っていても「国語」の成績は下がる一方。どうやら「国語」がキライらしい……。
どうしてこんなことになるのでしょう?
それは子どもたちが、文章を読んだり書いたりすることを、押し付けられた「課題」のように思っているからです。

ですが、本来、文章を読み、言葉で何かを表現するのは、楽しいことであるはずです。
大人がブログやSNSで何かを発信したくなるように、言葉を使った表現活動は、誰にでもできる最も手軽な「創作」です。
物語を読んだり関心のある記事に目を通したりすることが、「娯楽」でないはずありません。
「勉強」という枠組みのなかで、子どもたちは、そうした本来の「読み書き」の楽しさを忘れさせられているのです。

ですから、私のレッスンでは、まずは言葉を扱うことの楽しさを思い出してもらいたいと思います。
読書指導や自由作文の古典音読の実践により、子どもたちそれぞれのペースで、自然な形で「読み書き」する力を身につけてもらいます。
無理強いはなるべくしたくありません。あくまで子どもたち自身が「いろいろな文章を読みたい」「文章を書く力をみつけたい」と思う環境を作ります。
もちろん「国語問題」の指導も行いますが、それら問題を解く力の根底にある「読解力」「記述力」の充実をはかります。
そうするなかで「国語力」の根本をなす言語能力全体の底上げを、「読み書き」の実践活動により鍛えます。

レッスンの詳細 - #1. 個人レッスン指導内容 -

「国語」の能力開発

個人指導のレッスン内容は完全にオーダーメイドです。習熟度に合わせる形で、主として以下のプログラムを組み合わせながらレッスンを行えます。
場合によってはご自宅等における出張レッスンも可能です。

【読書指導(読書のワークショップ)】
多種多様な文学作品・娯楽小説を、子どもたちの関心に合わせて一緒に読み進めます。
また作品の内容について一緒に考え、作文等により表現してもらいます。本を読む経験が少ない小・中学生等に読書を習慣化させることが目標です。

【リベラルアーツ:教養書の音読・解説】
子どもたちの関心・成長に合わせて、各種の古典的な教養書を一緒に読み進め、また解説していきます。
知的好奇心の開発はもちろん、論理的な思考力や知性に基づく発想力を養う上でも必須です。また高校・大学受験で出題される難解な抽象語を含む論説文等を読みこなす読解力をも養います。

【カタカムナ古文音読】
V-net国語メソッドのコアである、音読法を直接指導します。
母語である日本語の正確な発音を指導した後、古典文学から明治期までの文章を音読していくことで、日本語リズムを体得し、文章読解の基礎力を養います。

【作文・小論文の作成指導】
抽象構成作文法を基本メソッドに、「とにかく書ける」ようにいたします。
最終的には、小学生であれば物語創作にいたるような創造的な作文を、中高生であれば論理的かつ発想豊かな小論文を書けるようになることを目指します。
もちろん都立中高一貫校の記述・作文対策、高校大学受験の小論文対策も行います。

【古文・漢文の文法・読解】
多くの中高生が苦手とする古典文法を、各人の習熟度に合わせて、わかりやすく解説します。さらには依頼に応じて、古文・漢文の予習・復習、定期テスト対策、そして受験問題等を用いて読解問題の解説を行います。

【国語総合・問題解説】
上記、国語メソッドを応用しつつ、中高大学受験の国語問題を、生徒との問答を通じて解説します。選択肢レトリックに隠された「ウソ」を確実に見抜いていく技術、抜き出し問題を迅速に解くための手順、文脈・場面の「状況」確認の積み重ねとダイアローグによる答えの出し方、メモつなぎ術による簡単な記述解答の書き方など、国語現代文(古文・漢文)の問題解法のすべてを直接伝授いたします。

その他文系教科

ご依頼に応じて社会教科・英語教科の指導もいたします。

【社会教科】
中学入試における社会教科(地理・歴史・公民)を、各人の弱点に的を絞ってわかりやすく解説いたします。また中高生以上の生徒には、日本史、世界史の予習・復習、定期テスト対策などを行うことも可能です。

【英語基礎】
基礎的な英文法、長文読解の方法などを伝授いたします。
具体的には学校授業の予習・復習や、定期テスト対策などを行います。

中高大学・受験指導

受験指導としては、上記のレッスン内容を含みながら、同時に徹底した過去問対策を行います。過去問対策とは、単に過去の受験校の問題を解くことではありません。過去の出題傾向から、その年の受験出題パターンを幾通りも予測し、かつ「こう来たら、こう答える!」というシミュレートを行っておくことです。こうした徹底した対策により、苦手とする問題分野の発見・克服はもちろん、受験校の入試問題を知り尽くした万全の状態で試験に挑むことが可能となります。

【中学受験】
筑駒、開成、麻布、駒場東邦、慶應、早稲田など、私立難関中学の国語読解・記述指導、社会科の指導を行います。また都立中高一貫校の作文等、適性検査の指導も可能です。

【高校受験】
都立日比谷、西、戸山、国立などの都立進学重点校や、早大高等学院・早稲田実業、慶應日吉・慶應女子、中大杉並・中大附属、明大明治、ICUなどの上級私立大学付属校の国語読解・記述指導を行います。

【大学受験】
国立大学二次試験の記述対策、センター試験選択肢レトリック読み、早大、上智、MARCH等の私立大学の読解・記述指導、そして慶應大小論文対策など、あらゆる大学国語入試問題への対応術を指導します。

【大学院受験】
ご依頼によっては、大学院進学に関する教育相談も行います。研究計画書のチェックなど、他ではなかなか相談し難い事案にも、きめ細かく対応します。

レッスンの詳細 - #2. グループレッスン「国語のラボラトリー」 -

上記の個人レッスンとは別に、「国語のラボラトリー」と題して各種のグループレッスンを行なっています。
個人レッスンに通わせるのは早いが、言語力の基礎固めは行いたいという方は、ぜひ以下のレッスンを体験してみてください。

●読書のワークショップ
真の読解力は読書によって養われます。そして同じ本を読んだ誰かと意見を交わし、意見を文章に書く。
読書のWSでは、これら読解力、発言力(思考力)、文章力という国語力の〈核〉となるものを同時に養います。
毎回、参加者の年齢や関心に合わせた、名作短編・中編小説をグループで読み進め、その上で、参加者と一緒に内容を吟味、テーマなどについて議論します。最後はそれぞれのテーマに合わせたお題にしたがい作文を書いて発表します。

●音読・サイコロ道場
音読サイコロ道場では、古典の音読によって、その日本語リズムの核となる部分を体得します。
一音一音を区切って「正確」に発声し、万葉・古事記・古今集の音読を手始めに、平安・鎌倉から江戸・明治と時代を追って、過去に良く音読された文献を体感していきます。
古今の名文を一定以上の速度で正確に読めるようになれば、子どもたちの国語力は大きく自然に向上します。

●モノ書きくらす
文章を自由自在、いつでも好きなようにかけること。それが読解力と並ぶ、大切な国語力の柱であることは言うまでもありません。
モノ書きくらすでは、毎回自由なテーマで作文を書いてもらいます。
最初は抽象構成法にしたがって、文章を「作る」ことを学びます。慣れてきたら、自由な「創作」にもチャレンジします。